公開日:

更新日:2017/11/15

カテゴリー: お知らせ


禅、なんと今全米で人口の7%にあたる約250万人が
支持する人気ぶりだそうです。

富山の臨済禅の道場・国泰寺和尚から、今では
座禅会に来る人は、日本人より外国人が多いと言うので
驚きです。
ヨーロッパでも凄い勢いでお寺が増えており、
禅フィーバーの真っ只中です!

なんとクリスマスにはプレゼント交換で小さな仏像が
大人気で、シャネルよりお洒落なのだそうです。


最期に和尚へ、煩悩が出ることは無いのかと
尋ねてみたところ、40年間修行を積んでも
日々煩悩との戦いであり、
煩悩が出ては捨て、煩悩が出ては捨て
これを行うのが座禅の基本とのことでした。
修行僧は最低3年間修行を積まなければならず、
これからは朝4時に起床し、真水で雑巾がけ
すきま風が差し込み雑巾をかけたところから
霜になっていくそうです。


同じ人として、同じ人間として

「自分を顧みる」
富山の旅となりました。



富山県 国泰寺